埼玉の貸し工場のチェックポイント

subpage01

埼玉で貸し工場を利用するなら、土地の用途地域もチェックしましょう。

住宅地や商業地域に近い立地条件で探すとなると、用途地域は、準工業地域が多いです。

OKWaveについての情報をお探しの方は必見です。

準工業地域は、環境を悪化させる要因のない工場に対して、利便性が図られているのが特徴です。


住宅と商店とも共存できるのがメリットです。


埼玉の準工業地域は利便性が高いので、必ず自分がどのような使用目的で利用するのか明確にしておきましょう。


貸し工場は、事務所や倉庫と連動している施工も少なくありません。


事務所としての機能も果たしたいのであれば、駐車場として機能する敷地面積があるかもチェックしましょう。



貸し工場に隣接している道路で路上駐車を行なってしまうと、近所迷惑になりますし、交通のさまたげにもなります。

神奈川の貸し倉庫に関して悩んだら、是非お試し下さい。

埼玉では道路の幅が六メートルに満たない施工も少なくありません。

道幅が狭い道路は、整備されてからの経過年数が長い場合も多く、重量によってはアスファルトが柔らかく感じられてしまいます。古いアスファルト舗装は、騒音と振動の原因になりますので、住宅が近くにある場合は要注意ポイントです。安全に車両を貸し工場の敷地内に出入りさせるには、道路事情を把握しておく必要があります。
アスファルト舗装の古さは、道路が振動を伝えやすいかの目安になります。

トラックや軽自動車の使用率が高くないのであれば、道路事情でマイナス面を妥協して、その分を安い賃料で貸し工場を利用する方法もあります。