iPhoneアプリをJavaで作る

subpage01

iPhoneアプリはJavaでも作成できます。Javaと言えばAndroid開発で利用するプログラム言語ですが、開発環境を選べばiPhoneアプリも作れますし、アップストアで配布も可能です。

iPhoneアプリを作成する開発環境はサードパーティ製が一気に増えています。この内、Javaで開発できるのはlibgdxとRoboVMです。



双方ともJavaでソースを書けばiPhoneのみならず、AndroidやPC、Mac向けにアプリが作成できるマルチプラットフォーム対応が進んでいます。

毎日新聞のサイトの利用が更に広がるものと考えられます。

マルチプラットフォーム対応していると開発が大変と考える方も多いのですが、1コードで各プラットフォームにアプリを提供してくれるのでとても楽です。

また、Android用のアプリを開発した経験があれば比較的簡単に開発環境を覚えられるのも利点と言えます。

libgdxはオープンソースで開発が進んでおり、バージョンアップがとても早い特徴があります。

RoboVMも追従してバージョンが上がっており、他の開発環境に比べてバージョンアップが早い、現在進行形の開発環境とも言えます。



これらの開発環境は2D、3D問わず開発が可能ですが統合環境が無いのでUnityなどとは違ってソースのみで作り上げていくことになります。
統合開発環境に慣れている場合は違和感があるかもしれません。